派遣社員の仕事

正社員ではなく、派遣社員として仕事をする人が増えてきました。仕事の量に合わせて臨機応変に人材を確保したいという企業側の理由が最大の原因です。もっとも、正社員として継続して働くことは困難だが、期間や時間を限定して働きたいという働き手にとっても、メリットもあるわけです。
では、派遣社員の仕事の実態はどういったものでしょうか。見てみましょう。 勤務先の会社によって異なりますが、通常は事務全般です。現在の事務処理は、ほとんどがパソコンによる文書作成、資料作成などになっています。
そのため、派遣社員の仕事には、パソコン操作は必須です。かつては一部の人の特殊技能のように考えられていたかもしれませんが、現在の「読み書きそろばん」であり、これができないと始まらない、という現実があります。

また、仕事面では、社員や他の派遣社員、場合によっては取引先のお客様などとのやりとりもおこなわれます。単に仕事を処理していればいい、というものではなく、一般的な人付き合いは必要です。日常のやりとりについては、社員、派遣社員という区別はなく、当たり前にあいさつできる、必要十分な報告や連絡ができる、といったことが要求されます。
また最近では、大手企業に派遣されるケースも増えています。大手企業の場合、職場環境が整備されており、また業務の分担も明確になっているなど、働きやすいケースが多いようです。

人材派遣会社への登録

人材派遣会社に登録して、正社員ではなく派遣社員として働くというケースが増えてきました。最近では非正規雇用の問題点も指摘させるようになってきましたが、働きたい人の希望によっては、都合がいい点があるのも事実です。
人材派遣会社に登録して働くメリットのひとつは、自分の希望する時間帯を指定できるということです。正社員同様、フルタイムの勤務も多いですが、時間の融通のきく勤務先もあります。

続きを読む

ホームヘルパーの仕事

介護福祉は時代の要請にマッチしており、ホームヘルパーの仕事はその代表例です。
特に最近では、女性に人気のある福祉関係の職業です。
介護福祉士は国家資格が必要ですが、ホームヘルパーには国家資格はありません。行政機関が指定した民間企業や学校法人が養成研修を実施しています。その課程を修了すれば、ホームヘルパーになることが可能です。研修内容は、講義、実技、実習で、合計約50時間勉強すれば、資格の取得ができます。

続きを読む

保育士の仕事

かつては保母と呼ばれ、女性だけの仕事と思われました。しかし現在では男性でも就業可能で「保育士」と呼ばれています。女性に人気の職業で、幼い頃、保母さんになりたいと思ったことのある方も多いと思います。
0歳から小学校入学前までの幼児の世話をしたりを教育する仕事です。
子供に接し、成長を見つめながら毎日いろんな喜びや感動を得ることができやりがいがある。それが保育士の仕事です。

続きを読む