記事

ホームヘルパーの仕事

介護福祉は時代の要請にマッチしており、ホームヘルパーの仕事はその代表例です。
特に最近では、女性に人気のある福祉関係の職業です。
介護福祉士は国家資格が必要ですが、ホームヘルパーには国家資格はありません。行政機関が指定した民間企業や学校法人が養成研修を実施しています。その課程を修了すれば、ホームヘルパーになることが可能です。研修内容は、講義、実技、実習で、合計約50時間勉強すれば、資格の取得ができます。

研修の内容により、ホームヘルパー1級〜3級に分類されています。
2級、3級は、まったくの未経験者でも受けることが可能なので、誰でもやる気があればを目指すことができます。その分、競争は激しいという見方もできます。
3級はホームヘルパーの仕事の基本をおさえた入門コースです。3級はいちばん容易なので、ひとつの募集に応募者が集中した場合などは、2級以上のほうが有利になるでしょう。

民間機関と行政機関の2つで養成研修を行っています。 民間機関では、入学金や受講料が必要です。受講の年齢制限等、条件は特にないことが多いようです。自宅で受講可能な通信制もあるので、自分の都合にあわせて勉強できます。 行政機関では、地方自治体や福祉関連の団体が行っています。受講料は無料のケースが多いですが、教科書代は自己負担となることが一般的です。また、研修終了後に行政機関で働くことが条件になっていることがあります。

民間、行政共、研修内容は同じです。 募集条件、金銭面、自分都合をよく考えて選びましょう。もちろん、どこが発行した修了証書でも、ホームヘルパーの資格として通用します。

このカテゴリの記事一覧へ戻る ⇒ 医療・福祉関係の仕事